ブルーベリー&ルテインの諸説

ルーベリー&ルテインは本当に目に効くのだろうか?

ブルーベリーが目にいいとの話は一般的な常識になっています。一方、ショッキングな記事を目にしました。これです。

■ブルーベリーを食べても目はよくならない

ちまたではブルーベリーが目によいと盛んに宣伝されています。ブルーベリーのサプリメントをせっせと取っている人もいるようです。しかしこれは、私に言わせれば都市伝説のようなものです。そもそもの始まりは、第二次世界大戦中の空軍パイロットの話でした。当時は夜間も有視界飛行でした。夜もよく見えないと困るので、ブルーベリーのジャムを食べていたという逸話が残っています。

これはブルーベリーに含まれるアントシアニンが目によいと信じられていたからです。しかしブルーベリーに抗酸化作用があるのはわかっていますが、眼の健康によいかもしれないという程度の希望的な観測だけで、医学的な効果は証明できていません。

ただし、私はサプリメントを全否定しているわけではありません。たとえばルテインとゼアキサンチンには加齢黄斑変性への重要な予防効果があります。

どのような効果があるのか
網膜の黄斑部はものを見るのに最も重要な場所です。黄斑部の中央にはゼアキサンチンが多く、黄斑部の周辺にはルテインが多くあります。黄斑部は活性酸素の障害を受けやすく、これが加齢黄斑変性を引き起こします。ルテインとゼアキサンチンは活性酸素の消去剤として働いて、黄斑部を障害から守る作用が期待できます。

さらに、最近多くの人々がさらされるLEDの光や、パソコンやスマホの画面から出る短波長の高エネルギーであるブルーライトは、網膜を障害することが報告されています。ブルーライトは可視光の中で最も短波長・高エネルギーであるため、眼の表面だけでなく眼の奥にまでダメージが及びます。

食物やサプリメントとして摂取されたルテインやゼアキサンチンは、小腸から吸収され血液を通って黄斑部に集まってきます。そして黄斑部で黄色い色素の役割を果たし、反対色であるブルーの短波長を吸収遮断する役目を果たします。ブルーライトの遮光により黄斑部の視細胞である錐体細胞などを守る可能性があります。

しかしながら、サプリメントで摂取するよりも、緑黄色野菜をたくさん食べて、これらの抗酸化作用のある栄養分を取るほうが吸収率もよいのです。実際にはまだよくわかっていないサプリメントの副作用を考えると、必要以上にサプリメントに頼らないほうがよいでしょう。

東洋経済オンライン 2016年10月5日(水)6時0分配信より引用

 

簡単にいえば、「世間で言われているほど、ブルーベリーの効果はないよ。でもルテイン、ゼアキサンチンは効果があるので、ブルーベリー&ルテインのサプリを飲んでいても問題はありません。ただし過度に期待しすぎて、飲みすぎないように」でしょうか。

書物でも雑誌でもそうですが、当たり前のことを書いても効果、売れ行きに影響しないので、ある程度ふり幅を大きくした見出しや記事が掲載されます。

さて、実際はどうでしょうか? 医者でないのでわかりません。

実際の経験で言えば、ワタシには目のサプリ効果ありました。

ほかの人に効果があるかどうかは責任を持ちません。

とにかく最低3カ月は飲むことで意見を言ってもらいたいものです。
1週間前後で「効果がなかった」という人がいます。論外です。

サプリは劇薬ではありません。気長にゆっくりが原則です。